东京国分寺——适合老人夫妇安度晚年的独立住宅设计

角地で家の前を歩く人の視線が気になるため、常にカーテンを閉めて過ごす日常を送っており、施主様からは外からの視線を気にせず広く開放的な家に住みたいという要望があった。そこで1階にお風呂、LDKを2Fに設けて、2Fのバルコニーも広くすることによって外からの視線を気にすることもなくなり、カーテンを閉めずに開放的な空間を確保することができた。

东京国分寺——适合老人夫妇安度晚年的独立住宅设计
继续阅读东京国分寺——适合老人夫妇安度晚年的独立住宅设计