消費財ビジネスの行方を占うアンビエンテ、2018年のトレンドと日本ブランド

世界最大規模のライフスタイル見本市

始まりは西暦1330年という長い歴史を持つ、世界最大級の消費財見本市「Ambiente(以下、アンビエンテ)」。ドイツ・フランクフルト市で毎年2月に開催されており、2018年の会期は2月9日から13日だった。キッチンやテーブルウェアのDining、ギフトやファッション・ジュエリーのGiving、インテリア関連のLivingという3つのエリアで構成されており、展示面積は約30万平米と東京ビッグサイト総展示面積の3倍強という規模だ。
2018年の出展者は4,441組、134,600人もの来場者が集まった。現地のカーニバルと日程が重なったことなどからドイツ国内の来場者が想定の通り少なく、昨年の140,963人を割り込んだ。とはいえ、パリやニューヨークの同様の見本市と比べ頭ひとつ抜けた規模であることに変わりなく、消費財ビジネスの1年を占う場としての地位は揺るぎない。

继续阅读消費財ビジネスの行方を占うアンビエンテ、2018年のトレンドと日本ブランド

「undial」日时计

株式会社100percentが運営するプロダクトブランド「Perrocaliente(ペロカリエンテ)」から、新商品「undial(アンダイアル)」が発売。

「undial」は窓辺に置くことで太陽とコミュニケーションをするためのツール。日光が円柱レンズを通り、テーブルに時を映し出す。大まかな時刻だが、「日時計」の役割を果たす。使用する国やエリア(北緯)にあわせて、5つのタイプを展開。日本国内では、沖縄、本島、北海道の3つに分かれる。商品名のアンダイアル(undial)は、文字盤 (dial)の無い(un)日時計(sundial)という特徴から名付けられた。

继续阅读「undial」日时计

从生活中体会到不一样的世界——日本AA2017获奖作品举例

いつもの日常から、ちょっとした感動と非日常を。ルミネで出会う受賞作品展「LUMINE meets ART AWARD 2017」

おしゃれが好きな人や、流行に敏感な人、さまざまなファッションの人でにぎわう新宿ルミネ。いつものルミネで、ちょっとした感動や非日常と出会う公募企画「LUMINE meets ART AWARD 2017」の受賞作品が、1月31日までの期間限定で新宿エリアのルミネ、ニュウマン内に展示されています。美術館やギャラリーではなく、いつものルミネで出会えるアート作品です。

今回で5回目を迎えた「LUMINE meets ART AWARD」は、いつも新しいわくわくドキドキを提供し続けたいという思いから2013年にはじまりました。ウィンドウ部門、インスタレーション部門、映像部門、そして今年から加わったウォール部門の4部門からなり、審査で選ばれた作品はルミネ新宿とルミネエスト新宿、ニュウマン新宿で展示されます。今回の応募総数は500点。グランプリ1名、準グランプリ1名、ルミネ賞1名、入賞2名が選ばれました。ゲストアーティストを含む、6作品の魅力を紹介します。

继续阅读从生活中体会到不一样的世界——日本AA2017获奖作品举例

竹流彩 (BRILLIANCE)BAMBOO

他们说,如果你花万小时练的东西,你可以完善它。在它的现代设计风格在于古老的习俗。这绝对是赞美竹子为不仅仅是一种材质,而且灵感的来源的一种。

诚丰聪了解到传统竹工作,在旧的工艺风格。这一点,与他的年纪和比较新鲜的人生观产生了传统的物质待遇和现代的审美和应用程序之间的AA惊人的合并。

如果你是目瞪口呆,因为我,而你恰好是在巴黎,由展美美和Objet公司下降到退房郑聪的工作。我保证你会从来不看竹再次以同样的方式!

继续阅读竹流彩 (BRILLIANCE)BAMBOO