东京国分寺——适合老人夫妇安度晚年的独立住宅设计

角地で家の前を歩く人の視線が気になるため、常にカーテンを閉めて過ごす日常を送っており、施主様からは外からの視線を気にせず広く開放的な家に住みたいという要望があった。そこで1階にお風呂、LDKを2Fに設けて、2Fのバルコニーも広くすることによって外からの視線を気にすることもなくなり、カーテンを閉めずに開放的な空間を確保することができた。

东京国分寺——适合老人夫妇安度晚年的独立住宅设计
继续阅读东京国分寺——适合老人夫妇安度晚年的独立住宅设计

平成结束——东京橱窗(和光)平成纪念

作为平成最后的一次橱窗装点,设计师武蔵淳将白熊作为主要对象,以各个年代的最热的话题代表作融合起来,组成“Wako Heisei All Stars”(平成全明星乐队)。

登场人物有内置音源及动作控制器,精确同步,所用的音源编译与英国著名的
Winter Wonderland 相同,能让人物动作平滑且精确的与音频同步。

继续阅读平成结束——东京橱窗(和光)平成纪念

2019年初法兰克福影响季节流行趋势的三个展会

又是一个年末,德国产业中心法兰克福每年都会有3个展销会同时在法兰克福国际会展中心举办。

以圣诞关联商品为主。包括世界级规模的「圣诞世界」、「创意世界」、「纸世界」,分别引领的各自领域的下一季趋势。

展厅面积世界排名第三

「圣诞世界」、「创意世界」、「纸世界」三个展会主题分别开设在法兰克福国际会展中心内。法兰克福会展中心坐落在城市中心,是欧洲第二大会展中心,展厅总面积是东京会展中心的8倍。每年有世界各地的室内装饰业内人士、批发零售从业者、酒店从业者、橱窗设计师等各种各样的专业人士参加。

会場は、世界で3番目に大きい展示場

「クリスマスワールド」「クリエイティブワールド」「ペーパーワールド」の3つの見本市の会場となるフランクフルト国際見本市会場は、フランクフルト市内の中央に位置し、ヨーロッパの中でも2番目に大きい展示会場。その展示面積は、なんと東京ビッグサイトの約8倍の広さ。3つの見本市には毎年、インテリアショップのバイヤーや卸売り業者、ホテル、ショーウィンドウデザイナーなどさまざまな職種の人たちが足を運び、来場者数が増加しています。

2019年初法兰克福影响季节流行趋势的三个展会

继续阅读2019年初法兰克福影响季节流行趋势的三个展会

吃货福利日本虎屋(とらや)应季和式点心

とらや季節の生菓子・羊羹製「菊の露」

虎屋应季点心——羊羹「菊之露」

露をまとった菊の花を表現した羊羹製のお菓子

这款羊羹点心表现了附着露水的菊花的样式

露をまとった菊の花を表したお菓子『菊の露』。紅の菊形の上に新引粉(しんびきこ/京都ではみじん粉と呼ぶ)をつけ、露に見立てています。
9月9日は五節句のひとつ、「重陽(ちょうよう)」です。「菊の節句」とも呼ばれ、菊の露を含んだ真綿で身をぬぐい、長寿を願う「着綿(きせわた)」などが行なわれました。

点心「菊之露」表现了附着露水的菊花的样子,红色的菊花形的点心上撒上新引粉而表现出了露水的感觉。9月9日是“五节句”中的重阳,也是菊花的节日,「菊之露」蕴含了祝福长寿的意思。


备注名词解释:

①  京都地区称为味甚粉,是一种糯米或大米研磨形成的白色粉末,多用在类似大福等食物上

  五节句是源自中国的一部分传统节日,现在也作为日本的时令活动保留了下来。这些传统节日传到日本之后,和佛教以及日本自古以来的仪式相融合,从此深深扎根于日本的文化中。在举行各种各样的传统活动的过程中,江户时代将其中的五个节日定为官方节日,称其是“五大节日”:1月7日 七草の節句(人日),3月3日 桃の節句(女孩节),5月5日 端午の節句,7月7日 七夕の節句,9月9日 菊の節句(重阳),后三个大多和中国节日类似过法(因为就是从中国传播过去的)。1月7日 七草の節句(人日)是日本人要喝七草粥,目的是去除一年的邪气,祈求顺利、平安。3月3日 桃の節句(女儿节)是日本的人偶节,装饰人偶祈求女孩健康成长,所以也叫女孩节。

官网:https://www.toraya-group.co.jp/

消費財ビジネスの行方を占うアンビエンテ、2018年のトレンドと日本ブランド

世界最大規模のライフスタイル見本市

始まりは西暦1330年という長い歴史を持つ、世界最大級の消費財見本市「Ambiente(以下、アンビエンテ)」。ドイツ・フランクフルト市で毎年2月に開催されており、2018年の会期は2月9日から13日だった。キッチンやテーブルウェアのDining、ギフトやファッション・ジュエリーのGiving、インテリア関連のLivingという3つのエリアで構成されており、展示面積は約30万平米と東京ビッグサイト総展示面積の3倍強という規模だ。
2018年の出展者は4,441組、134,600人もの来場者が集まった。現地のカーニバルと日程が重なったことなどからドイツ国内の来場者が想定の通り少なく、昨年の140,963人を割り込んだ。とはいえ、パリやニューヨークの同様の見本市と比べ頭ひとつ抜けた規模であることに変わりなく、消費財ビジネスの1年を占う場としての地位は揺るぎない。

继续阅读消費財ビジネスの行方を占うアンビエンテ、2018年のトレンドと日本ブランド