消費財ビジネスの行方を占うアンビエンテ、2018年のトレンドと日本ブランド

世界最大規模のライフスタイル見本市

始まりは西暦1330年という長い歴史を持つ、世界最大級の消費財見本市「Ambiente(以下、アンビエンテ)」。ドイツ・フランクフルト市で毎年2月に開催されており、2018年の会期は2月9日から13日だった。キッチンやテーブルウェアのDining、ギフトやファッション・ジュエリーのGiving、インテリア関連のLivingという3つのエリアで構成されており、展示面積は約30万平米と東京ビッグサイト総展示面積の3倍強という規模だ。
2018年の出展者は4,441組、134,600人もの来場者が集まった。現地のカーニバルと日程が重なったことなどからドイツ国内の来場者が想定の通り少なく、昨年の140,963人を割り込んだ。とはいえ、パリやニューヨークの同様の見本市と比べ頭ひとつ抜けた規模であることに変わりなく、消費財ビジネスの1年を占う場としての地位は揺るぎない。

继续阅读消費財ビジネスの行方を占うアンビエンテ、2018年のトレンドと日本ブランド

「undial」日时计

株式会社100percentが運営するプロダクトブランド「Perrocaliente(ペロカリエンテ)」から、新商品「undial(アンダイアル)」が発売。

「undial」は窓辺に置くことで太陽とコミュニケーションをするためのツール。日光が円柱レンズを通り、テーブルに時を映し出す。大まかな時刻だが、「日時計」の役割を果たす。使用する国やエリア(北緯)にあわせて、5つのタイプを展開。日本国内では、沖縄、本島、北海道の3つに分かれる。商品名のアンダイアル(undial)は、文字盤 (dial)の無い(un)日時計(sundial)という特徴から名付けられた。

继续阅读「undial」日时计

宜家(IKEA)创始人Ingvar Kamprad离世

宜家(IKEA)是我个人最喜欢的有一个品牌,绝不仅限于家具,其他产品我也非常喜欢,原因很简单,简约,实用,与我个人的喜好审美达成了共识。老爷子17岁创立宜家,执掌企业70余年,身价几百亿美元,确节俭到让周围的人感觉吝啬。毕生收入几乎都用来进行慈善工作。

……我只想问,老爷子去世之后的几年或者十几年里,这些东西还能存在多久呢?也许早就有人盯上了这块肥肉,把老爷子的3个儿子拉下马,自己成为下一个隐形甚至非隐形首富。

以下为宜家官网发表的悼文

 

继续阅读宜家(IKEA)创始人Ingvar Kamprad离世

这是一篇有味道的文章——におい展(日本气味展)

名古屋にて開催された「におい展」が大好評につき、東京に初上陸する。

本展は、貴重な香料「ジャコウ」や「アンバー」など「香水の素」から、世界一臭い食べ物と言われるニシンの缶詰「シュールストレミング」や、そのにおいで電車をストップさせたこともある「臭豆腐」などの「激臭アイテム」まで、普段確かめる機会のないものの“におい”を実際に嗅いでもらう、今までありそうで無かった“嗅覚”で楽しむ体験・参加型のイベントだ。

因为之前在日本名古屋举办的【气味展】大受好评,所以这次东京池袋PARCO购物中心也举办了……

本次展览包括香味和臭味,麝牛、鲱鱼罐头、中国臭豆腐等在内,从一般可忍受的程度到无法忍受进行分类展览,可以亲身感受其味道……呃呃…呃……呃呃呃…

继续阅读这是一篇有味道的文章——におい展(日本气味展)

从生活中体会到不一样的世界——日本AA2017获奖作品举例

いつもの日常から、ちょっとした感動と非日常を。ルミネで出会う受賞作品展「LUMINE meets ART AWARD 2017」

おしゃれが好きな人や、流行に敏感な人、さまざまなファッションの人でにぎわう新宿ルミネ。いつものルミネで、ちょっとした感動や非日常と出会う公募企画「LUMINE meets ART AWARD 2017」の受賞作品が、1月31日までの期間限定で新宿エリアのルミネ、ニュウマン内に展示されています。美術館やギャラリーではなく、いつものルミネで出会えるアート作品です。

今回で5回目を迎えた「LUMINE meets ART AWARD」は、いつも新しいわくわくドキドキを提供し続けたいという思いから2013年にはじまりました。ウィンドウ部門、インスタレーション部門、映像部門、そして今年から加わったウォール部門の4部門からなり、審査で選ばれた作品はルミネ新宿とルミネエスト新宿、ニュウマン新宿で展示されます。今回の応募総数は500点。グランプリ1名、準グランプリ1名、ルミネ賞1名、入賞2名が選ばれました。ゲストアーティストを含む、6作品の魅力を紹介します。

继续阅读从生活中体会到不一样的世界——日本AA2017获奖作品举例

有关日本女人[转]

日本女人来中国后感慨:被彻底征服了

问住在中国的日本女性“酷中国的魅力在哪儿?”绝大多数人会回答,“中国男人不让女人付钱。”对此我百分百同意。
在中国生活了数十年,我常下馆子,每次都有种“做女人真好”的感觉。
日本人一起下馆子时通常采取AA制。一次与朋友聚餐快结束时,我与另两名日本女性准备掏钱包“AA制”,在座的唯一一名中国男士赶在我们前面把账结了。
在中国,男子汉的字典里没有“AA制”这个词。只要有女性在场,他们认为“付钱的自然是我”.
中国女性也习惯了男性付钱,她们的字典里也没有“AA制”,认为男人付钱是理所当然的事。有一次,一对中国夫妻与我一起去接从东京来华的家人。
我们提前到了机场,一边喝咖啡一边等。因为接的是我的家人,咖啡钱自然该由我来掏。但当我准备付钱时,朋友的妻子拉开我的手说“应该他付,他是男人。”
年纪比我小的雅子长住北京。这名特立独行的前卫女性对我说起一件事:前些天与几名中国男性一起用餐,快结束时几个男人争着埋单,她也抢着要掏钱,说“我来付!我来付!我年纪最大!”但几名男性马上制止说,“干什么呢雅子!这里最不该付钱的就是你。你是女的。”
如今我对男人埋单这种方式已习以为常。但也有些惶恐。中国人讲究男女平等,但男人付账似乎并不符合这个理念。不过,作为女性,在聚餐时连钱包都不用碰,这是件多么快意的事啊!

继续阅读有关日本女人[转]