2019年初法兰克福影响季节流行趋势的三个展会

又是一个年末,德国产业中心法兰克福每年都会有3个展销会同时在法兰克福国际会展中心举办。

以圣诞关联商品为主。包括世界级规模的「圣诞世界」、「创意世界」、「纸世界」,分别引领的各自领域的下一季趋势。

展厅面积世界排名第三

「圣诞世界」、「创意世界」、「纸世界」三个展会主题分别开设在法兰克福国际会展中心内。法兰克福会展中心坐落在城市中心,是欧洲第二大会展中心,展厅总面积是东京会展中心的8倍。每年有世界各地的室内装饰业内人士、批发零售从业者、酒店从业者、橱窗设计师等各种各样的专业人士参加。

会場は、世界で3番目に大きい展示場

「クリスマスワールド」「クリエイティブワールド」「ペーパーワールド」の3つの見本市の会場となるフランクフルト国際見本市会場は、フランクフルト市内の中央に位置し、ヨーロッパの中でも2番目に大きい展示会場。その展示面積は、なんと東京ビッグサイトの約8倍の広さ。3つの見本市には毎年、インテリアショップのバイヤーや卸売り業者、ホテル、ショーウィンドウデザイナーなどさまざまな職種の人たちが足を運び、来場者数が増加しています。

2019年初法兰克福影响季节流行趋势的三个展会

继续阅读2019年初法兰克福影响季节流行趋势的三个展会

知識の蜂の巣

10の異なる空間でつくられた世界最小の複合文化施設

担当:長岡勉/POINT

愛知県西尾市の一色港にある歴史資料館を改修し、アート展示・観光案内窓口としてリニューアルした施設。
施設内のドーム劇場を改修し、さまざまな機能が混在する世界最小の複合文化施設をつくった。約1m角のマスを25個並べ、お茶室・郷土資料室・ライブラリー・ギャラリー・ラウンジ・物見台など、10の異なる空間を集めた。全体は迷宮のような空間だが、ドーム天井に呼応するように壁がすり鉢状に低くなり、中央から周りの景色を見渡せる。また、物見台に上ると、上空からの視点として空間全体を一望することができる。

继续阅读知識の蜂の巣

消費財ビジネスの行方を占うアンビエンテ、2018年のトレンドと日本ブランド

世界最大規模のライフスタイル見本市

始まりは西暦1330年という長い歴史を持つ、世界最大級の消費財見本市「Ambiente(以下、アンビエンテ)」。ドイツ・フランクフルト市で毎年2月に開催されており、2018年の会期は2月9日から13日だった。キッチンやテーブルウェアのDining、ギフトやファッション・ジュエリーのGiving、インテリア関連のLivingという3つのエリアで構成されており、展示面積は約30万平米と東京ビッグサイト総展示面積の3倍強という規模だ。
2018年の出展者は4,441組、134,600人もの来場者が集まった。現地のカーニバルと日程が重なったことなどからドイツ国内の来場者が想定の通り少なく、昨年の140,963人を割り込んだ。とはいえ、パリやニューヨークの同様の見本市と比べ頭ひとつ抜けた規模であることに変わりなく、消費財ビジネスの1年を占う場としての地位は揺るぎない。

继续阅读消費財ビジネスの行方を占うアンビエンテ、2018年のトレンドと日本ブランド

「undial」日时计

株式会社100percentが運営するプロダクトブランド「Perrocaliente(ペロカリエンテ)」から、新商品「undial(アンダイアル)」が発売。

「undial」は窓辺に置くことで太陽とコミュニケーションをするためのツール。日光が円柱レンズを通り、テーブルに時を映し出す。大まかな時刻だが、「日時計」の役割を果たす。使用する国やエリア(北緯)にあわせて、5つのタイプを展開。日本国内では、沖縄、本島、北海道の3つに分かれる。商品名のアンダイアル(undial)は、文字盤 (dial)の無い(un)日時計(sundial)という特徴から名付けられた。

继续阅读「undial」日时计

这是一篇有味道的文章——におい展(日本气味展)

名古屋にて開催された「におい展」が大好評につき、東京に初上陸する。

本展は、貴重な香料「ジャコウ」や「アンバー」など「香水の素」から、世界一臭い食べ物と言われるニシンの缶詰「シュールストレミング」や、そのにおいで電車をストップさせたこともある「臭豆腐」などの「激臭アイテム」まで、普段確かめる機会のないものの“におい”を実際に嗅いでもらう、今までありそうで無かった“嗅覚”で楽しむ体験・参加型のイベントだ。

因为之前在日本名古屋举办的【气味展】大受好评,所以这次东京池袋PARCO购物中心也举办了……

本次展览包括香味和臭味,麝牛、鲱鱼罐头、中国臭豆腐等在内,从一般可忍受的程度到无法忍受进行分类展览,可以亲身感受其味道……呃呃…呃……呃呃呃…

继续阅读这是一篇有味道的文章——におい展(日本气味展)